リハビリを施すのはだれ?

必要なリハビリテーションを実施するためには、専門的な知識と訓練されたサポートが必要になります。リハビリテーションを実施してくれるプロとして、まずは理学療法士という存在がいます。理学療法士は基本的な運動機能の回復を目指してストレッチや筋力のトレーニング、電気治療や温熱治療なども施します。いわゆるリハビリと聞いて一般の人が思い浮かべる代表的なリハビリの姿ではないでしょうか。

続いてリハビリテーションの実施に欠かせないプロは作業療法士です。日常的な作業ができるようサポートしていきますが、それだけでなく心身のケアをすることによって助けを与えていきます。単なるトレーニングやマッサージではなく、工芸やレクリエーションなどの具体的な活動を取り入れながらリハビリをおこなっていきます。心の病の方に対しても機能回復を図ってリハビリを施していくという点が理学療法士と大きく異なっている部分でしょう。

最後に言語聴覚士や視能訓練士は、聴覚や言語の面で機能回復をサポートする仕事をしてくれます。こうしたリハビリを施す対象としては先天性の障がいを持っている方も含まれており、聴いたり話したり、飲み込んだりする作業のサポートをします。