リハビリテーションって何?

元々英語の単語でも、ほぼ日本語のように自然に生活の中で使っている単語というものはたくさんあります。「リハビリ」もその一つで、リハビリテーションの略ですが、具体的にどのようなものを指して使う言葉なのでしょうか。なんとなくのイメージで、怪我や病気のあとに回復のために取り組むものというイメージを持っている方が多いでしょう。

もう少し細かく説明すると、能力低下や機能低下した状態から改善するように働きかけることを意味して用いる言葉です。完全に元通りに戻すということが必ずしも目的ではなく、今現在の状況でその人の生活のために良い状態に近づけるためのトレーニングということになります。

リハビリテーションには大きく分けて三つの種類があります。理学療法と作業療法と言語聴覚療法です。この三つが医療や介護の現場でおこなわれているリハビリということになります。

理学療法のリハビリが基本機能の回復を目指しているのに対して、作業療法では日常生活の作業ができるようにすることを目的としています。当然どちらも重要なことで関連し合っているので、これらのリハビリが必要な人に対しては療法の角度から療法士が協力しあってサポートをしていくことになります。

一方、言語聴覚療法のリハビリはその名称のとおり声帯や聴覚の機能の回復を目的としたものです。このようにリハビリテーションと一口にいっても種類も方法も様々なものがあり、密接に関連し合ったものもあります。


【リハビリテーションに関する参考サイト】
リハビリを支援する仕事に就くには資格が必要です。作業療法士について学び、資格を取得したいという方はこちらのサイトが参考になるでしょう > 作業療法士